名もなき池


次の目的地は
岐阜県関市の山の中
ひっそりと建つ神社の境内ある池

数年前ネットで話題になり
今では大勢の観光客がこの池を観るためだけに
他に何もない山奥まで足を延ばす

透きとおった水に睡蓮の葉が浮かび
その景色は画家モネの書いた睡蓮に例えられる


淡墨桜からは35kmほど
場所によっては車がすれ違えないほどの細い道を走るので
1時間以上はかかる


DSC_1432h.jpg


池のある根道神社に到着


DSC_1434h.jpg


山奥の村社に
これだけ人が集まるところは他にあるだろうか・・・


DSC_1463h.jpg


そして池はこんな感じ

モネの池で画像検索してみてほしい
中には水が青く透き通った写真が出てくるが
あれは色調とかをいじってると思う
本来黒に近い焦げ茶色の鯉が真っ青になっている
綺麗ではあるが肉眼であのようには見えない

季節によって睡蓮の葉が青ければ
水の色も多少は違うかもしれないが
↑の写真が肉眼で見える色調だと思う


DSC_1466h.jpg


このハート形の模様のある鯉をみれたら
幸せになれるんだとー

・・・勾玉にしか見えんのですが


DSC_1483h.jpg

DSC_1487h.jpg


ほんっとに周りに何もない所だから
これだけを見に来る人って酔狂だと思う
今回は薄墨桜の帰路に寄っただけだけど
ついででもないと絶対行かなかった

一応お土産があって
クリアファイルやらポストカード
クッキーやポストカード入りのチョコクランチなんかもあった
売り上げは環境整備にも使われるそうな

村のおばちゃんたちも駐車場の誘導に立ってたけど
・・・この状況になにを思うのやら
村おこしには・・・なってんのかなぁ


DSC_1527h.jpg


郡上八幡から高速に乗って
今回の旅は終了

高遠はまだだったけど
花見旅とはいえ中々満足のいく旅でした


最近撮影意欲が高いので
外出することが多くなった
残念ながらその意欲の中に「猫」が入っていないので
猫ブログから少しかけ離れているが・・・
まぁ仕方ない仕方ない


DSC_1577h.jpg



コメントはお気軽にどうぞ。
その他連絡はメールフォームにてお願いします

にほんブログ村 猫ブログへ  

淡墨桜

注:今回も長~い記事です(おまけに最初は駄文)

高遠の次に向かうのは
岐阜県本巣市にある根尾谷淡墨桜である
樹齢1500年ともいわれ三大桜に数えられている

高遠を出たのが21時30分
淡墨桜のある根尾までは200kmはあるが
高遠周辺で泊って朝に出発しても遅すぎる
岐阜に入って泊っても到着するのは日付が変わる頃になる

正直言って夜中に淡墨桜に到着して車中泊でもよかった
日が昇る前からの撮影でもいい写真が撮れそうだったから・・・

しかしだ
一つ問題が・・・
カメラのバッテリーが半分近くになっていたのだ
消耗が激しいとは知っていたが
やはりバッテリーパック1つで旅に出るには厳しい

なので岐阜の各務原で一泊することにした
充電の為に一泊・・・


各務原到着が23時20分
御用達のルートインに泊まる

部屋の空調が壊れてんのか分からんが
室温が26℃・・・冷房入れようとしたらピーピー鳴って止まるし
自動運転にしても微妙な送風に終始
暑くて寝れないので窓を開ける羽目になった・・・
朝食は他のところより種類豊富だったから許してやらんこともない

朝は7時半に出発
そして根尾谷淡墨桜到着が9時
既に大勢の観光客がいたが運よく一番近い駐車場に停められた

そして


DSC_1357h.jpg


駐車場から200m程歩けば淡墨桜が姿を現す

まだ満開だが
そろそろ散り始めかな・・・


DSC_1391h.jpg


幾度も枯死を免れたとは思えぬその佇まい
太い幹から若枝が何本も生えている


DSC_1410h.jpg


午前9時とは思えない観光客の多さだった


DSC_1361h.jpg


淡墨桜の裏手には
折れた枝から彫られたという観音像を祀る御堂がある

ここでは御朱印が頂ける
20mほど離れた左斜面にある弘法大師像を納めた御堂と合わせて
「聖観音」「淡墨大師」の二つで700円を納めて頂く
こういうものでお釣りをもらうのも変な話なので千円納めてきた・・・気持ちだから


DSC_1419h.jpg


淡墨桜の脇にもう1本桜がある
その名も淡墨二世
これもかなりの巨木である

二世の方は少し散り始めてた


DSC_1431h.jpg


淡墨桜が一番綺麗に撮れるのは
正面を流れる人工の小川の外側だろう
空を写すよりも深緑の木々を背景にした方が
桜の花がより映える

しかし距離を開けると必然的に人が大勢映る
こういう時に光量を低下させるNDフィルターを使って
長時間露光できればいいんだけどね


お土産に「さくらの舞」と「さくら紅茶」っていうお茶を購入して公園を後にする


これで今回の旅は終わり・・・ません

次回へ続く



コメントはお気軽にどうぞ。
その他連絡はメールフォームにてお願いします

にほんブログ村 猫ブログへ  

今もなお 常しえに咲く 淡墨も 思いを寄せる 人がいてこそ

高遠の桜は・・・

注:いつにも増してなが~い記事です


今回の目的地は高遠
天下第一と称される桜を観にいく


15日土曜日
13時に仕事を終えて
そのまま高速道路をノンストップでぶっとばす
その距離約340km

到着したのは16時20分
駐車場は遠景撮影スポットに近い南口側のほりでいパーク

まず他所のブログで入手した情報により
高遠といえば必ず出てくる遠景写真の撮影スポットに向かう
アスファルトの坂道を300mほど登り
次は土の上に枯れ葉が積もった急斜面を登る
整備された形跡はあるが荒れ果てている
山道を300mほど歩けば
木々の間に高遠城址の方角を向く白山観音が立つ

その足元が撮影スポットだった


DSC_1099h.jpg


情報を入手したブログにもあったが
木々の成長で見晴らしは少し悪くなっている
撮影スポットは崖ギリギリのところで
多少手の届きそうな枝は折られていたが
崖下から成長する木はどうしようもない


そしてお分かりだろうか・・・
さくらがまだ咲いていないのを


15日満開予想を信じて行ったんだけどなぁ
ライブカメラで咲いてるの見たんだけど
咲いてるとこだけしか見てなかった(美術館前)


DSC_1120h.jpg


満開時にはこの景色も薄ピンクに染まって
もっと綺麗なことだろう
汗だく息切れで登るの大変だったのに・・・残念

撮影スポットから下山し高遠城址に向かう


DSC_1137h.jpg

DSC_1154h.jpg


公園南口に着いたころには夕日が差していた


DSC_1161h.jpg


美術館がある南口周辺は7、8分咲きだったので
多少歩くことになっても駐車場の選択は間違っては無かった

近くの駐車場に停めるのもいいけど
歩きながら道中の景色を楽しむのもまた良し


DSC_1168h.jpg


そして園内

もちろん咲いてない
1分咲きすら怪しいとこである


DSC_1178h.jpg


蕾が赤く色づいているのがせめてもの救いか


DSC_1184h.jpg


朝から何も食べてないので出店で豚玉購入
これで400円である


DSC_1214h.jpg


腹ごしらえが終わるころには
空も暗くなってきた

そして・・・


DSC_1216h.jpg


桜は咲いてないけどライトアップされると
風景は一変


DSC_1248h.jpg


風が吹き込むこともないので
池には桜雲橋が綺麗に映る


DSC_1317h.jpg


人がいっぱいなので写真を撮るとどうしても映り込む
立ち止まって写真を撮ったり眺めたりする人も多く
私の機材では長時間露光でも完全に人影を消すことは出来ない

レンズもそうだけどフィルターの購入も考えないとダメだな・・・


DSC_1273h.jpg


人がいるところに人は集まる
池を見下ろす人気がないところで一人三脚立てて撮影してたら
ワラワラ人が集まってきて小さい子供もいたから
三脚立ててる私がお邪魔虫みたいになった
10人くらい集まってたな・・・

まぁ私が狙ってたのは↑の写真みたいな景色じゃなく


DSC_1271h.jpg


こういった橋上のスナップなんですけどね


今回は桜が全然咲いてなかったけど
またいつか満開のころに再訪したいところ


DSC_1312h.jpg


でも咲いていない蕾だからこそ
映える景色もあったと私は思う


DSC_1349h.jpg


駐車場に戻ったのは21時をまわった頃
元々数台しか停まってなかった花見客の車は
私の軽一台になってた

この日は夜桜シャトルバスも運行中止だったみたいだし
高遠の桜はまだまだということか

見た感じ4、5日は早かったかな
夜なんて白い息が出たからね



もちろん今回の旅はこれで終わりません
次回も続く



コメントはお気軽にどうぞ。
その他連絡はメールフォームにてお願いします

にほんブログ村 猫ブログへ  

いい湯だなぁ!

DSC_1019d.jpg


くさつ


DSC_1162d.jpg


温泉猿


以上!


DSC_0881d.jpg


久々の2連休なので
朝2時半から日帰りで草津温泉と湯田中の地獄谷野猿公苑行ってきた
帰宅は21時で走行距離は約600km

今回はのんびりするつもりだったけど
それはそれはハードな強行軍でした
理由はまた旅ブログで

記事出したらTwitterで更新報告するので
興味がある人は
サイドバーのTwitterログをチェックしてね




コメントはお気軽にどうぞ。
その他連絡はメールフォームにてお願いします

にほんブログ村 猫ブログへ  

行ってきました富岡


旅ブログ更新しました
興味のある方はどうぞ→うっかりトラベラー



DSC_0004d.jpg


行ってきたって言っても
富岡製糸場だけしか行ってないけども


DSC_0090d.jpg


あと
いまHOTな上田城址も
(すでに上田の話は終ってますけど)


DSC_0132d.jpg


実家に戻ればまとわりついてくるミオさん


DSC_0133d.jpg


実家の者どもに大人気だったそうな(母者談)


DSC_0135d.jpg


ふてぶてしいこの顔がぁ~




記事が気に入ったらでいいので
にほんブログ村 猫ブログへ  
ポチッと一票バナークリックをお願いします(一日1ポチ有効です)

---------------------------
前々記事に拍手コメント頂いた方ありがとうございます。
---------------------------

この記事へのコメントはお気軽にどうぞ。
その他連絡はメールフォームにてお願いします

ついったー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ゲームブログ

気まぐれ旅人の
マインクラフト


旧旅ブログ
建物や艦船のリアルクラフトやってます
興味のある方はどうぞ

プロフィール

もんて

Author:もんて
♂ 1985生
趣味:料理と一人旅あと色々

独身貴族満喫中
但しお金は無い模様



当ブログ内の画像、写真の無断
転載・転用を禁止します

お猫様

DSC_2542pa.jpg
ミオ
♀ 2013生
スコティッシュホールド
※一応メインキャスト

所有カメラ


ニコンD810


ニコンD5300

スポンサードリンク

welcome

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

リンク



当ブログはリンクフリーです
相互リンクは受け付けていませんのでご注意下さい

このブログをリンクに追加する

ペットWEBマガジン

とあるコーナーでミオさんがインタビューに答えています。 探してみてね
(閲覧には会員登録が必要になるかもしれません)

広告

広告

月別アーカイブ

QRコード

QR

日本ブログ村